女性

エレベーターの点検をしっかりと行なう|安全と利益を意識した事業

太陽光を利用した事業

ソーラーパネル

農業を営む法人団体や組合が行なう事業の中に「ソーラーシェアリング」という取り組みをしているところがあります。ソーラーシェアリングというあまり聞き慣れない言葉でしょう。農業を行なっている土地に支柱を設置して農作物を育てている上空に、太陽光発電をする装置を設置後、農業と発電事業を並行して行なうことです。農作物を育てている場所は日当たりが良いところも多く、太陽光発電に優れていることからこの方法が活用されるようになりました。一昔前までは上記のような、農地への太陽光発電装置の設置は認められていなかったのですが、2013年3月に指針が改定されてソーラーシェアリングが認められるようになりました。農業という事業は安定しているように見えますが、天候や季節に左右されるのが現状です。そのような不安定要素を持つ法人団体や組合に多くソーラーシェアリングは利用されているでしょう。農業と同時並行して太陽光発電を実施することで収益を得る方法を増やすことができるのは大きなメリットです。
また、野菜や果物を育てる法人団体、組合にとっては太陽光発電の利益以外にも下記のようなメリットがあるといえるでしょう。農作物の成長に太陽光は必要不可欠ですが、浴びすぎると逆効果になってしまうことがあります。そのような過度な太陽光から農作物を守ることも、ソーラーシェアリングは可能だといえます。このように収穫量を増やしつつ収益も得られるソーラーシェアリングは多くの農業法人で活用されていることでしょう。